1. トップページ
  2. 特定公益増進法人について

特定公益増進法人について

特定公益増進法人とは

公共法人、公益法人等その他特別の法律により設立された法人のうち、 教育または科学の振興、文化の向上、社会福祉の貢献その他公益の増進に 著しく寄与する法人として、法人税法および所得税法の「特定公益増進法人」に該当している法人をいいます。
特定公益増進法人に対して、法人または個人が寄附を行った場合、税法上の優遇措置が得られます。

公益社団法人神奈川県シルバー人材センター連合会は、特定公益増進法人に該当しており、特定公益増進法人にご寄附をいただきますと、税法上の優遇措置が得られます。
寄附金は、シルバー人材センター事業の推進に活用され、高齢者(シルバー人材センター会員)が生きがいと誇りを持って働くことで地域社会に役立てられます。

税法上の優遇措置

寄附金は、個人・法人を問わず、次のとおり免税対象経費として取り扱われます。

個人の場合/年間寄附金額から2千円を引いた額
<寄附総額が総所得の40%を限度とする>

法人の場合/一般の寄附金とは別枠で、損金算入限度額まで寄附金の損金算入ができます。
<(所得額の6.25%+資本等の金額の0.375%)×1/2>を限度とする。

寄附の方法

シルバー人材センター連合会または県内各地域にある特定公益増進法人のシルバー人材センター等にお申し出ください。